女の人

刺青除去を行なうことで人目が気にならなくなる

状態によって方法を変える

ウーマン

ほくろ除去の方法はいくつかありますが、ほくろのサイズや盛り上がりによって適した施術方法が異なります。小さなサイズのものや盛り上がりがないものの場合は市販薬で改善されることもありますが、大きなサイズのほくろ除去は病院に行かないと取り除くことができません。小さいサイズのほくろであっても自己判断によって市販薬を使用するとトラブルが起こることもあるので安全にほくろ除去を行ないたいなら病院での施術が適しています。ほくろ除去の施術は一般的には保険適用外だと言われていますが、サイズが大きなものの場合や、普通のほくろではなく癌が原因である場合には保険が適用されることがあります。
小さなほくろ除去を行なう場合には美容整形外科でのレーザーによる施術が適しています。レーザーを黒色に反応させることで肌にダメージを与えて徐々に色素を薄くしていくという方法です。半永久的に効果が持続しますが、保険適用外であるため価格が少々高くなります。除去を行なう大きさや箇所の個数によって料金は変化します。次に、盛り上がりがある場合には切除を行ないますが、その方法は電気メスによるものや普通のメスによるものなどがあります。電気メスをしようした場合は削り過ぎを防ぐために複数回に分けて色素を少しずつ削り取っていきます。一方メスによる切除では一度に切除を行ないますが、術後も経過状態を見るためにしばらく検査を受ける必要があります。大きなほくろ除去を行なった場合には出血が止まるのに1週間ほどかかるので術後は安静にしなければいけません。出血が収まった後には糸を取り除きますが、取り除いた後も傷口は完全には治っていないので傷口が塞がるまで絆創膏を当てて生活します。その後もしばらくは日光を当てないように気をつけましょう。